新型コロナワクチン接種証明書について

公開日 2022年01月07日

更新日 2022年01月14日

新型コロナワクチン接種証明書とは

 新型コロナワクチン接種証明書は、予防接種法に基づいて各市町村で実施された新型コロナワクチン接種の事実を公的に証明するものです。「パスポート情報等を記載した海外用及び日本国内用の接種証明書」と「パスポート情報等の記載のない日本国内用の接種証明書」の2種類が書面または電子版で交付可能です。

接種証明書(電子版)

 令和3年12月20日からデジタル化され、スマートフォン上の専用アプリから申請いただくと二次元コード付き接種証明書(電子版)を取得できるようになりました。

 

1.新型コロナワクチン接種証明書アプリ取得方法

 App StoreまたはGoogle Playで「接種証明書アプリ」と検索しインストールするか、デジタル庁ウェブサイト内の「アプリのインストール方法」からもインストールできます。

 デジタル庁ウェブサイト:https://www.digital.go.jp/policies/posts/vaccinecert

 

2.必要なもの

・スマートフォン

 ※マイナンバーカードが読み取れる端末(NFC Type B 対応端末)、iOS13.7以上、Android OS8.0以上

・マイナンバーカードと暗証番号4桁(カード取得の際に設定した券面入力補助の暗証番号)

・パスポート(海外用のみ)

 

3.その他

 アプリの詳しい操作方法等はデジタル庁のウェブサイトでご案内していまますので、ご確認ください。

 

接種証明書(紙)

 紙の証明書についても、引き続き、佐那河内村役場健康福祉課で窓口申請いただけます。なお、令和3年12月20日より接種証明書に二次元コードが印字されます。

 

1.申請できる方

・本人

・本人から委託を受けている代理人

 ※本人以外の場合は委任状が必要となります。

 

2.証明書発行要件

・既に新型コロナウイルスワクチンを接種されている方

・ワクチン接種時、佐那河内村に住民票のある方

 ※接種後に村から転出された方についても村で発行します。

 ※1回目と2回目の間に他市町村へ転出し、いずれか一方のみを村で接種した場合、村で接種した分のみに対して、接種証明書を発行します。

 

3.申請に必要なもの

・申請書(窓口でお渡し、またはダウンロード)

・本人確認の書類(国内用の場合は運転免許証・健康保険証など、海外用の場合はパスポートが必要となります。)

・接種事実が確認できるもの(予防接種済証、接種記録書)

 

4.その他

 日本国内での利用については、接種証明書以外に接種時に発行されている接種済証や接種記録書も従来どおりご利用できます。

 詳しくは健康福祉課へお問い合わせください。

 

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書[PDF:79.8KB]

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード