急傾斜地(がけ地)の点検を行う際のポイント

公開日 2020年05月29日

更新日 2020年05月01日

 

令和2年2月5日に、神奈川県逗子市において、道路に隣接する民有地斜面が雨が降っていないにもかかわらず斜面が崩落し、歩道の歩行者が土砂に巻き込まれ死亡するがけ崩れが発生しました。

 

斜面は、風化が進行して無降雨であっても突然崩壊する危険性があります。

 

 

村では、急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律に基づき、崩壊するおそれのある急傾斜地が指定されている箇所が複数あります。

 

土砂災害を最小限にするためには、日頃からの点検が必要となります。

 

その参考とするため、急傾斜地(がけ地)の点検を行う際のポイントを掲載しますので、点検を行う際の参考としてください。

 

 

神奈川県逗子市のがけ崩れをふまえた急傾斜地(がけ地)の点検を行う際のポイント[PDF:270KB]

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード