生活のしづらさなどに関する調査(全国在宅障害児・者等実態調査)について

公開日 2022年11月18日

 

令和4年生活のしづらさなどに関する調査(全国在宅障害児・者等実態調査)を実施します

 このたび、厚生労働省が県・市町村を通じて、生活のしづらさなどに関する調査(全国在宅障害児・者等実態調査)を実施することになりました。

 この調査は、障害者施策の推進に向けた基礎資料とするため、在宅の障害児・者等の生活実態とニーズを把握することを目的としています。

 調査は令和4年12月1日時点で行うこととしており、調査員が12月上旬に調査対象地区内の世帯を訪問し、調査の趣旨を説明のうえ、調査対象となるか確認し、対象となる方には調査票を配布させていただきます。

 ご記入いただいた調査票は、郵送により回収させていただきます。

 調査票には個人を特定する質問はありません。また、調査票に記入された内容は、統計上の目的以外に用いることはありませんので、調査にご協力をお願いいたします。

 なお、調査員が訪問することを事前に断りたい場合や調査についてご不明な点がありましたら、健康福祉課までご連絡ください。

 

生活のしづらさなどに関する調査実施のお知らせ[PDF:173KB]

 

 

 

 

お問い合わせ

佐那河内村役場 健康福祉課
TEL:088-679-2971

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード