村長のご挨拶

iwaki

 佐那河内村のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 佐那河内村は徳島県の北東に位置する県内唯一の村で、県都徳島市から16㎞、小松島市・石井町、いずれも20分で通勤可能という非常に便利な、歴史ある自然豊かな村です。一次産業を基幹とし、さくらももいちごや達磨キウイフルーツ・大川原ネギなどのブランド作物に加え、みかん・すだち・菜の花・椎茸などが盛んに栽培されております。和歌山まで見渡せる大川原高原の紫陽花は7月中旬が見ごろ。高原に設置された風車や府能地区の小水力発電施設などの再生可能エネルギーは、持続可能な地域づくりを目指して、全国に先駆けた取り組みを行っております。集落ごとに存在する「常会」と呼ばれる住民自治組織が地域の絆をつむぐ役目を果たしており、近年、村の自然環境や地域コミュニティに魅力を感じた子育て世代の移住が増加しております。福祉面の充実はもちろん、教育面でも子育て対策として放課後英語教室を実施。田舎ならではのふるさと学習に加えて、今年度から小中一貫制度を導入し、9年間を見据えた特色ある教育により、子供たちの学力向上とグローバル化社会に対応できる人財の育成を目指しています。

 村史によりますと、佐那河内村は後一条天皇が即位していた1021年~1023年に誕生し、間もなく1000年の記念すべき年を迎えます。

1000年つづくむら佐那河内村・・・何にもない村ですが、お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。

なお、本村の内容につきましてはプロモーションビデオをご覧下さい。皆さんからのご意見やご要望をお待ちしております。

                                                                                佐那河内村長 岩城 福治

プロモーションビデオはこちら ↓

http://www.vill.sanagochi.lg.jp/docs/2017032800018/

プロフィール

生年月日 昭和32年7月18日  
主な経歴 昭和55年3月 京都産業大学経営学部卒業
  昭和55年4月 JA徳島市入組
  平成18年4月 JA徳島市佐那河内支所長
  平成21年4月 JA徳島市徳島支所長
  平成26年3月 JA徳島市八万支所長
  平成27年11月 佐那河内村長