平成30年度 佐那河内果樹アグリスクール【第7回】

公開日 2018年12月25日

平成30年度 佐那河内果樹アグリスクール 第7回講義

第7回講義【午前の部】「果樹の剪定の基本と落葉果樹の苗木の植え付けについて」(座学)

日時:平成30年12月21日(金)10:00~12:00

場所:佐那河内村農業総合振興センター1階会議室

講師:徳島市農協 南部営農経済センター 長谷部 秀明 さん

参加人数:14名(農政局職員1名含む)

内容:初めに,落葉果樹類の植え付けについてお話がありました。

   植え付け時期は,落葉果樹は新根発生前の冬季,常緑果樹は地上部発芽前の春季が良い

   とのことでした。植え付け準備として,掘り上げた土に苦土石灰・ヨウリンを混和して

   埋め戻すことや,植え付けの際に根部の土を洗うこと,根の折損部は直上で切徐し,

   台木を少し地上に出す形で植えることなどのお話がありました。

   剪定については,目的や切る場所,整枝の種類などのお話があり,種類による結果習性を

   理解した上でCN率を考慮して剪定を行うことが大切であるとのことでした。

 

第7回講義【午後の部】「キウイの剪定の実習」(実習)

日時:平成30年12月21日(金)13:00~15:00

場所:日下さん園地

講師:市原 善文 さん

参加人数:14名(農政局職員1名含む)

内容:収穫を実習した日下さんの園地で剪定の実習を行いました。

   講師の市原さんより,来年実を付ける強い結果母枝を残し,弱い枝や不要な枝を剪定し,

   結果母枝を棚に括り付けるまでの工程の説明がありました。

   その後,講師の先生や園主に聞きながら,各自剪定の実習を行いました。

 

 

お問い合わせ

佐那河内村役場 産業環境課
TEL:088-679-2115