転出届(村外へ住所を移すとき)

公開日 2013年02月28日

住民基本台帳は、住民の方の居住関係を明らかにして、選挙・小中学校の就学、国民年金や国民健康保険の給付、介護予防などの事務を行うための大切なものです。住所や世帯主が変わったときなどは、本人または世帯主の方は転出する前に必ず届出をしてください。

 

※ 佐那河内村では虚偽の届出を防ぐため、届出人の本人確認を実施しています。

 

転出届(他市区町村へ引越すとき)

届出を行う人

本人または世帯主、同一世帯に属する者

届出期間 転出する前

必要なもの

印鑑(住民異動届は本人署名の場合、押印不要)、国民健康保険被保険者証(加入者のみ)、乳幼児医療費受給者証(該当者のみ)、

後期高齢者医療被保険者証(該当者のみ)、介護保険被保険者証(該当者のみ)、重度心身障害者等医療費受給者証(該当者のみ)、

印鑑登録証、運転免許証等本人確認ができるもの

注意点

住民基本台帳カードをお持ちの方で、付記転出届を出された場合は、転出証明書の発行はしません。転入地市区町村で住民基本台帳

カードを添えて転入届を提出してください。