御間都比古神社

公開日 2013年02月14日

延喜式小社、長の国の祖神観松彦色止命が初めて佐那県に居住し、山野を墾き巧みに谿水を井比に利用して水田の基を起こし、また、海浜の地に漁業を教えて産業を開発せられた。

成務天皇の朝9世の孫、韓脊足尼が長の国造となり祖神観松彦止命を長峰の中腹(佐那河内村の中峯)に奉祀し祭政一致の実を示された。醍醐天皇の御代延喜の制に国幣小社に列せられた室町時代の末に、戦国の世に御代破壊し、旧跡に形ばかりの小社を建て守護が祭祀を奉化した、天保11年(1840)5月に、社殿の改築が行われ、明治初期の公文書に社名が見え、絵図もある。昭和9年に現在の社殿が建てられた。

 

御間都比古神社

地図

御間都比古神社