天岩戸別神社(三社)

公開日 2013年02月14日

俗に、三社様、三所様と呼ばれている。「先代旧事本紀」に「天手刀雄神批者座ニ佐那県一也」とあって、東方紀淡海峡を望んで眺望の佳い字府能牛小屋に鎮座せられ、開運武運長久の神様として知られている。

江戸時代の中頃である享保(1716~35)の頃に不思議の霊験があり、藩主蜂須賀探珠院の進行深く、代参を差し遺わし、金幣、幟、灯籠が奉納されている。

戦時中は、祖国の勝利や戦地に出向いている関係者の無事を願い、参列者が列をなした。

 

天岩戸別神社(三社)

天手刀雄神 あまのたぢからおのかみ (相殿)

天照皇太神 あまてらすおおみかみ(左側)

豊受皇太神 とようけのおうかみ(右側)

以上三神を祀る。


 

地図

天岩戸別神社(三社)