熱中症を予防して元気な夏を!

公開日 2012年07月19日

熱中症とは?

熱中症とは、室温や気温が高い中での作業や運動により、体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、体がだるい、ひどいときにはけいれんや意識の異常など、様々な症状をおこす病気です。

家の中でじっとしていても室温や湿度が高いために、熱中症になる場合がありますので、注意が必要です。

 

熱中症の分類と対処方法

 熱中症1

 

こんな時はためらわずに救急搬送車(679-3999)を呼びましょう。

○自分で水が飲めなかったり、脱力感や倦怠感が強く、動けない場合はためらわずに救急搬送車を呼んでください。

 

○意識がない(おかしい)、全身のけいれんがあるなどの症状を発見された方は、ためらわずに救急搬送車を呼んでください。

 

熱中症予防のポイント

○部屋の温度をこまめにチェック!

 (普段過ごす部屋には温度計を置くことをお奨めします)

 

○室温28度を越えないように、エアコンや扇風機を上手に使いましょう!

 

○のどが渇いたと感じたら必ず水分補給!

 

○のどが渇かなくてもこまめに水分補給!

 

○外出の際は体をしめつけない涼しい服装で、日よけ対策も!

 

○無理をせず、適度に休憩を!

 

○日頃から栄養バランスの良い食事と体力づくりを!

 

 熱中症2

 

 熱中症3

 

熱中症は予防ができる病気です。

熱い夏を元気に過ごすため、熱中症のことをよく知り、しっかり予防しましょう。

心臓や腎臓、その他持病をお持ちの人は、夏の過ごし方についてかかりつけの医師に相談し、上手にコントロールしましょう。

お問い合わせ

佐那河内村役場 健康福祉課
TEL:088-679-2971